読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダベるブログ~略してダベログ~

自分が気に入ったモノやイイねと思ったのを書いていくブログです。ようは1人でダベっているような感じで気楽にやっていこうと思います。備忘録にも。

映画 オデッセイを観てきたハナシ(ネタバレはしないっす)

映画 食事

 

f:id:rosso0083:20160206224436j:plain

ネット小説から映画化した「オデッセイ」

簡単なあらすじを。

火星に探査に来ていたアレス3(宇宙船の名前)は火星の砂嵐に遭遇。そこで事故によって行方不明になった宇宙飛行士のマーク・ワトニー(主人公)は船長の判断によって死亡したとされ、火星を脱出し地球への帰路へと出発した。

死亡したと思われたマーク・ワトニーは奇跡的に生存していた。ハブ(火星用滞在住宅スペース)に戻って生き残る為に奮闘する。

通信手段ナシ。水ナシ。地球までの距離2億2,530万km。次の火星探査は4年後。

youtu.be

宇宙兄弟のコラボ予告があったので貼っておきます。

 

監督はリドリー・スコット

監督作はエイリアン。ブレードランナーグラディエーター。プロメテウス。どれもヒット作でSF作品が強い監督。

原作はアンディ・ウィアー。

誰??ってなりました。でしょうね。今作が初めての連載小説。しかも元々、SEでネットに趣味で書き始めたモノが反響を呼んで映画化までされたというアメリカンドリームな、お方。

日本で例えるならSAOやログホライズンが冨野由悠季、宮崎駿に監督されるって感じですかね。合ってる?合ってるよね??(ちょっと心配…)

 

f:id:rosso0083:20160206234819j:plain

一言で言うと…「いきなり黄金伝説マット・デイモンの火星0円生活」

おいおい、マジか?と思うじゃないですか??

マジです。

 

エイリアンの監督なんだし。怖い地球外生命が出てきたりしてシリアス展開で火星を生き抜いていくストーリーと思うじゃないですか?

やはり新世代というかネット発だからなのか、王道展開とは違ってきます。

 

火星に置いてけぼりになったのに、この主人公。超が付くほどポジティブなんです。

通常通り待つと次の探査は4年後。

それまで生きていく為に艦長が残していったディスコCDを聞きながら楽しく生活していきます。

 

6人用のハブだったので食料はあるけど4年も持たない。

主人公は植物学者だった経験を活かして食事用にあったジャガイモを種イモにして、ジャガイモを耕します。

ディスコミュージックにノりながら必要な材料や道具を作ったりしてる姿は、もう芸人のよゐこにしか見えないですw

 

一方、地球では火星から帰還する宇宙船を待ちながら事故で亡くなった主人公を弔っていた。が…火星の衛星写真を見ていたオペレーターが作業用のバギーが動いているのに発見し主人公が生存しているのに気づいたNASAは救助計画を立てる。

 

火星で奮闘する主人公と地球から救助する計画を実行するNASAという基本軸で進行していきます。

上映時間は長め…2時間22分。

ストーリー展開は上記の通りな感じで進行します。が…若干、上映時間は長めなので体力を満タンで行くのをオススメします。

きっとシリアス展開がずっと続くような内容だったら2時間半は正直、長いと思って疲れきってしまうとは思いますが、このオデッセイは主人公が明るくポジティブに行動することによってコメディーとまではいかないけど、要所要所でクスっと出来るのがあるおかげでダレることなく楽しめました。

流石に上映終了後はケツが痛くなったのは言うまでもないですが。

 

インターステラーかゼログラビティみたいな固い雰囲気ではないのでラクに見れる。(もちろん、緊張感がある場面もキッチリあります。最初の砂嵐のシーンとかは迫力満点です。)

今回は2D(通常版)で鑑賞しました。そこまで3D上映にこだわらずとも楽しめると思います。オススメです!!

 

次回予告・・・話題のスポンティーニに行ってみた。